読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三姉妹のたくましい留学、ホームステイ受け入れ、旅行など

留学生のホームステイ受け入れ、旅行、留学のことなどについて書いています

留学の奨学金について

留学・・・お金がかかるので大変そう

というのが正直なところではないでしょうか?

 

高校留学を調べてみると、公立高校に留学するのでも結構大きな金額がかかります。

カナダの場合、申請する教育委員会によって年間の料金は数十万の違いがあります。

バンクーバーバンクーバー島でもかなり違います。

 

そこで、頂ける奨学金があれば本当にありがたいですよね。

高校留学だと普通奨学金の対象にはならないのですが、長女の場合は中高一貫校で、1年間休学は無料で在籍させて下さる学校だったので、一応籍は残して留学しました。

もし、1年間で帰国すれば、入学金などを支払って1学年下で入学することにし、カナダの学校が合えばそのまま卒業留学にしようと考えたためです。

そのお陰で高校生の留学の対象となり、割と大きな額の奨学金を頂けることになりました。年度のうちに出発して、年度のうちに帰国する6ヶ月以上の留学という規定や、面接、途中数回のレポートの提出、パスポートの出入国の確認などはありましたが、これだけで奨学金が頂けるのは本当に助かりました。

 

次女は交換留学なので、県からの奨学金を申請して頂きました。こちらは作文、英検などの証明や留学先の資料などの提出でした。帰国後の書類の提出もあります。

もう一つチャレンジしたのは、結構有名ですが「トビタテ留学」です。

今年はテレビなどで宣伝もしていたのでかなり認知されましたが、この奨学金は本当によい奨学金です。高校生対象と大学生対象とあり、受かれば留学する・・・という選択などもできます。また、細かく何に幾ら使ったという領収書などの提出も必要ないという、かなり自由度の高いものです。そして、驚くのは支給額です。短期でも支給額が大きく、場所によっては足が出ない程度の額になります。娘も応募しましたが、残念ながら不合格。もし、合格すれば、渡航費や授業料、現地での生活費まで支給される程の額でした。ただ、留学についての企画書を本格的に書いて提出したり、面接ではディスカッションやプレゼンテーションが行われます。やる気があり、ユニークなお子さんが合格していると思います。

他にも留学団体が支給している奨学金や、住んでいる地域によって独自の奨学金など色々ありますので、調べてみるといいと思います。

「トビタテ留学」

www.tobitate.mext.go.jp

こちらのサイトでも検索することができます。

日本学生留学支援機構

https://ryugaku-shogakukin.jasso.go.jp/scholarship_abroad/page?action=swfglsearchjasso